引っ越し時にするべき手続きを記載しています

[PR]

柏原市で賃貸探し♪
目玉物件多数あり!

必要な手続き一覧

マンション

引っ越しの手続きでやるべきこと

錦糸町在住で、「転勤になった」などの様々な理由で引っ越しするために賃貸物件を探している方は少なからずいらっしゃると思います。引っ越しの際は何かと手続きが多いものです。やるべき手続きが多くて悩んでいる方のために、手続きに漏れがないようお届けします。まずは役所での手続きについてです。住所が変更になりますので住民票の住所変更の届け出をしましょう。引越し先の住所と引っ越し前の住所の市区町村が同じか違うかによって対応が異なります。同じ市区町村に引っ越す場合は住民異動届の「転居届」という項目にチェックを入れて、その他の必要事項を記入して提出します。異なる市区町村の住所へ引っ越す場合は、引っ越し前の役所で転出届を提出し、引っ越した後の役所で転入届を提出します。次に国民健康保険の手続きです。国民健康保険に加入している場合は、引っ越し前に保険証を返却して、引っ越した後に保険に再度加入します。最後に「国民年金」「印鑑登録」「マイナンバー」それぞれの住所変更の手続きが必要です。会社員の場合は会社の経理担当者が国民年金の手続きをしてくれます。自営業の場合は役所で住所変更の手続が必要になりますので、忘れないようにしましょう。印鑑登録の手続きは、まず引っ越し前の住所の役所にて「印鑑登録廃止届」を提出し、引っ越し先の役所にて再度印鑑登録を行います。マイナンバーの手続きは引っ越してから2週間以内にする必要があります。

ライフラインなどの手続き

ライフラインやネットなどに関する手続きも忘れずやっておきましょう。まずは普段利用しているスマートフォンの住所変更についてです。この手続きはそれぞれのキャリアのショップやWebサイトのどちらでも手続きが可能となっております。次に「電気、ガス、水道」のライフラインに関する手続きです。必ず引っ越しをする数日前には連絡しましょう。なおガスの元栓の開栓する作業と閉栓する作業は本人の立会が必要となりますので、この作業をやる時間には予定を開けておきましょう。「電気、ガス、水道」に関する手続きは電話やWeb上で手続きができます。引っ越し前の住居にインターネットを引いている場合は、引っ越し先の住居でも継続して利用できるのか、大家さんやネット回線を契約している会社へ相談しましょう。続いて固定電話の手続きについてです。固定電話を引いている場合、事前に電話やWeb上から連絡しましょう。新聞を購読している場合は、継続か解約かで連絡するべき事項が異なります。継続する場合は住所変更になるが継続したい旨と新住所を伝えましょう。解約する場合は引っ越しするため解約したい旨を伝えましょう。最後に郵便物の転送の手続きです。引っ越した後に、郵便物が引っ越し前の住所へ届いてしまうことを防ぐために、事前に郵便局で引っ越し先に郵便物を転送するよう手続きをしましょう。

車関連や保険関連の手続き

最後に車関連や保険関連の手続きについてです。最初に車関連についてですが、運転免許証の住所変更をしましょう。運転免許センターや警察署で手続きすることができます。また車検証や車庫証明の住所変更も必要となります。引っ越してから2週間以内に手続きを行いましょう。事前に引越し先の住所がどの陸運局が管轄しているか確認しておきましょう。現在の陸運局の管轄外であれば、ナンバープレートも交換する必要があります。現在の駐車場の解約する手続きも忘れず行ってください。駐車場を契約する際に解約を告知する期間が決められているかと思いますので、その期間内に必ず連絡しましょう。解約を忘れてしまうと翌月分の料金も支払う可能性がありますので注意しましょう。引っ越し先で改めて駐車場を契約する場合、住居に駐車場がついていない時は自分自身で駐車場を探す必要があります。続いて保険関連の手続きです。火災保険や地震保険の手続きです。地震保険は火災保険に付属しているものなので、引っ越しする前に保険の内容を見直したうえで継続の手続きをしましょう。最後にクレジットカードや銀行口座の住所変更をしましょう。クレジットカードの住所変更をしておかないと、クレジットカード会社からの大事な通知が届かず信用を失う恐れがありますので、必ず手続きをしておきましょう。クレジットカード会社も銀行口座も電話やWeb上から手続きが可能となっております。

事前に必要な手続きをリスト化した方がよい

上記に記載のあるように、引っ越すだけでとても多くの手続きが必要となります。行き当たりばったりで手続きをしていくと漏れが出てくる可能性が高いです。手続きの漏れがないように、必要な手続きをリスト化し、完了した項目はチェックをつけるなどの工夫をしたほうがよいと思われます。手続きの漏れがあると、思ってもみないトラブルになる可能性がありますので、必要な手続きをリスト化し、一つずつ計画的に手続きをしましょう。そうすることで、手続きの漏れをなくし、不要なトラブルにも遭わずに済みます。